FC2ブログ
今日も暑い
2010 / 07 / 05 ( Mon )
後輩も入ってきてリンもレオンももう先輩、暑いけど頑張れ
        
          今日は「熱中症」のお話
ブログ2
熱中症になりやすい動物と言えば、一番先に「犬」が挙げられます。犬は非常に寒さに強い動物です。逆に犬は暑さに弱い動物であり、その弱さは人間の予想する以上の相当なものなのです

なぜならば、犬には肉球しか汗腺がないため、急激な体温上昇から身体を守る方法がないのです。犬が体温調節を行う方法は呼吸のみであり、冷たい空気を吸って・熱い空気を吐く方法のみでコントロールしているのです。暑苦しい日に「ハァハァ」と激しい犬の息遣いを目にすることも多いでしょう。これは呼吸で体温調節を行って、体熱を発散させているのです

飼い犬が熱中症にならないためにも、飼い主は気温を適度に保ってあげる必要があります。屋外で犬を飼っている場合、犬周辺に日陰を作ってあげることが重要です。その際には、日陰となる場所の温度を確認したり、日陰に移動できるほどローブが長いかどうかをチェックしたりすることも忘れないようにしましょう。

屋内で犬を飼っている場合であっても、熱中症を発症する恐れがあります。実際のところ、室内犬の方が熱中症になりやすいと言うデータもあります。屋内は熱気が溜まりやすいため、犬を残して外出する際は冷房を入れて快適な温度に保ってあげましょう。また、犬を連れて外出したとしても、日射しの強い自動車の中に置き去りにすると、確実に熱中症を発症します。熱中症が悪化すると死亡する危険性も高まります。このような軽率な行動は決して行わないようにしましょう。

一般的に犬は暑さに弱い動物ですが、その中でも特に暑さに脆弱な犬種もあるため、それらの犬種を飼う場合は注意した方が良いです。「シーズー」・「パグ」・「ブルドッグ」・「ペキニーズ」などの鼻の短い"短頭種犬"は、熱中症を発症しやすい犬種であると言われています。これは、"短頭種犬"の上顎とノドが近過ぎるため呼吸し難く、かつ首元が圧迫されてノドが窮屈なため、呼吸による体温調節が難しいのです。

なお、肥満気味の犬も呼吸障害になる恐れがあるため、合わせて熱中症にも気を付けてあげましょう。


ブログ
銀ちゃんさくらちゃん午後からの運動
完全に暑いの忘れてます
スポンサーサイト



15 : 47 : 24 | ハッチ、トレーニングへの想い | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<タイトルなし | ホーム | 暑いですね>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://traininghatch.blog64.fc2.com/tb.php/384-077f9f18
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |