FC2ブログ
2018 / 01 / 19 ( Fri )
「AAE(Animal assisted education) 動物介在教育について...



以前にも投稿しましたがハッチの生徒、フラットコーデットレトリバーのレイ君が豊中豊南小学校で活躍しています。

日本では2例目の取り組み。



「命を大切に」と言っても、命の何たるかを、言葉や理屈で呑み込むには経験的な材料が少なすぎる子どもたち。
しかし、そこに1頭の血の通った温かい犬がいるだけで、子どもたちだからこそ、その柔軟さによって感性で受け 入れ、本能的ともいえる「弱いものを守る」という優しさが発動するのではないかと思います。
ましてや、犬の寿命 は人のそれよりはるかに短い。
自分たちがすっかり大人になる前に年老いていく姿、そして消えていく命にふれる ことは何ものにも勝る命の教育といえるのではないでしょうか。


http://www.toyonaka-osa.ed.jp/cms/hohnan/index.cfm/1,932,c,html/932/20170428-154543.pdf



スポンサーサイト
19 : 08 : 40 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<タイトルなし | ホーム | タイトルなし>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://traininghatch.blog64.fc2.com/tb.php/2538-1f37c73f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |