FC2ブログ
侘助
2009 / 11 / 13 ( Fri )
大変な2週間でした。
NEC_0127_convert_20091113100156.jpg
以前にも紹介した、我がハッチのロットワイラー侘助君、10月中ごろから食欲減。

28日朝、眼球が曇っているのを発見!全身を触診、主要リンパ節が腫れている、熱もある。

午前中に病院へ。

血液検査、リンパ細胞採取検査。

採取した血液、細胞は1週かけて刊検査機関での精密検査。

病院でできる簡易検査の結果は

「感染症」

とのことでしたが、先生から

「生後10か月で大変考えにくいのですが・・・・・」


「・・・・・・・・・・・・・・・」




「悪性リンパ腫の可能性があります」

「えっ!」

「・・・・・・」

「どのくらいの確率?」

「宝くじに当たる様なもの」

「かなり低い確率ですが視野に入れといて下さい、まず精密検査の結果、1週間待ちましょう」とのこと



まだ、まだ10か月・・・・どうして・・・・

いや絶対大丈夫、絶対!

結局その日は抗生物質、消炎剤をいただき帰宅。

まだ決まったわけではないんですが寝ていても、元気で走り回っていた頃の侘助が

脳裏を巡ります。

3日目。眼球の曇りは消えてきたもののリンパ節は依然腫れたまま。

1週間が経ち再び病院へ

先生からの検査報告は・・・・

「陰性、悪性リンパ腫に間違いありません、直に抗がん剤治療を始めます」

「後どの位の命ですか?」

「約500日です」

「・・・・・・・・・・・」

まだ体も動作も子供、あまりにも酷な宣告。

侘助と癌に立ち向かいます

奇跡を信じ時々皆様に経過報告いたします。









09 : 54 : 23 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
病気も食事から
2009 / 11 / 03 ( Tue )
昔、ワンちゃんのご飯といえば、残りものにお味噌汁や煮汁をかけてというのが定番メニュー。
塩分の問題はあるものの、そうゆうご飯を食べていたころのワンちゃんは、アレルギーや成人病
といった症状は見られませんでした。
しかし人間の生活スタイルが変わり、室内飼いが一般的になった結果、運動不足からストレスを溜め、アレルギーや成人病になるワンちゃんが増えてきたと言われます。
大多数のペットフードは、高温加熱して作られる際に微栄養素が破壊され、それを補うためにビタミンやミネラルなどを加熱していることが多いようです。
ワンちゃんのご飯を選ぶ際には、パッケージに書かれている栄養素やカロリー表示だけではなく、その由来や原料、調理法などに目を向けることが、病気を防ぐ第一歩かもしれません。



050_convert_20091103004356.jpg
006_convert_20091103004849.jpg
002_convert_20091103005304.jpg
014_convert_20091103005739.jpg
019_convert_20091103011448.jpg
新入生キャンディーです。
マイペースのキャンディーです、宜しく
01 : 17 : 44 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
びょうきの
2009 / 11 / 03 ( Tue )
00 : 35 : 34 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
前ページ | ホーム |